採用情報 | 日本ホワイトファーム

ニッポンハムグループ採用情報はこちらへ

募集要項

募集職種 ■生産飼育職(肉用鶏の肥育管理)
■製造技術職(鶏肉の製造工程管理)
採用人数 15名
選考方法 適性、面接、作文
初任給 大卒:190,000円
短大・専門卒:170,000円
諸手当 通勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、子供手当 等
昇給 年1回
賞与 年2回
勤務時間 8:25~17:16(配属部署により就業時間の前後あり)
休日・休暇 日曜日、夏季・年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇 等
勤務地 事業所所在地(新潟県、山形県)
福利厚生 健康保険・厚生年金、社宅、借上寮 他
教育研修 新入社員研修、階層別研修、ニッポンハムグループ通信教育 他
採用学部・学科 全学部全学科
採用実績校 亜細亜大学、金沢学院大学、山形大学、新潟薬科大学、新潟国際情報大学、
秋田県立大学、新潟会計ビジネス専門学校、大原簿記公務員専門学校、
新潟情報専門学校、新潟農業・バイオ専門学校、新潟県農業大学校 他
採用昨年実績 7名
提出書類 履歴書、成績証明書、卒業見込証明書
応募資格 2021年3月大学、高専、短大、専門学校、高等学校卒業予定者
※普通自動車運転免許取得者または取得可能者
応募方法 「マイナビ」「にいがた就職応援団ナビ」でエントリーしてください。
お問い合わせ先 〒957-0231 新潟県新発田市藤塚浜3310番地8
ニイブロ株式会社 管理部 採用担当:稲葉 和也
TEL:0254-41-4100
E-mail:[email protected]

ページの先頭へ

スタッフの声

宮崎食品工場製造1課:解体係

これが私の仕事です

骨付モモの重量選別、規格別の袋詰め
入社後、約3ヶ月間で全ての部署の業務に携わり、現在の食品工場・解体係へ配属となりました。
仕事に慣れてくると包丁を使用した作業に携わる様になりました。
包丁作業については毎日苦戦していましたが、上司や先輩方の指導や助言等を頂き、今では上手に扱える様になりました。包丁作業をする様になってからは、自信を持つ事ができ、率先して他の係りへも手伝いへ行くなどし、係り間のコミュニケーションを取ることができました。

だからこの仕事が好き!

私は、解体係に配属されて以来これまで多くの仕事に携わってきましたが、最初は不安で一杯でした。
色々経験していく中で、自分に出来るのだろうかという気持ちが強く不安は増すばかりでしたが、失敗や経験を重ねて行くとともに、徐々に出来る様になった時の達成感はとても大きいものでした。
また、自分自身の成長を感じる事ができとても充実しています。

就職活動をされている方へのメッセージ

入社して今年で4年目になります。
私自身、仕事内容の全てを十分に理解できているとは言えません。未だに失敗したなと思う時もあれば、壁にぶつかる事もあります。諸先輩方や上司の指導を受けながら、多くの事を学び経験し、日々成長していかなければならないと今も感じてます。
就職活動において不安や悩みは尽きないものだと思いますが、夢や希望を持ってスタートラインに立って下さい。共に頑張れる新しい出会いを期待しています。

札幌生産部生産課:CS係

これが私の仕事です

ブロイラー農場の肥育管理指導、及び、サポート。
入社してから約3ヶ月の研修を終えて、現在所属している生産課への配属が決まりました。
最初は管理人のいない農場で、農場作業や鶏の見方などを先輩方に教わる所から始まりました。初めは鶏を観察していても鶏にとって何が良いのか分からず苦戦しましたが、少しずつ何をすれば良いのかが分かる様になっていきました。
私の仕事は良い鶏を工場へ届ける為に鶏を観察し、管理人と話し合い、管理していく事です。しかし、相手は生き物です。管理方法を色々考えて、餌の食べる量や鶏舎環境を思ったより改善出来なかったり、管理人へ自分の考えを上手く伝えられず納得してもらえない等、思うようにいかない事もあります。そんな時は先輩方に相談したり、担当以外の農場を参考にする事で、解決策を見つけていく様にしています。
これからも、良い鶏を工場へ届けるために日々精進しています

だからこの仕事が好き!

鶏の肥育管理は基本的には管理人がメインで行います。我々はあくまで、サポートしか出来ません。しかし、管理人と信頼関係を築き、話し合いをして共に管理していき、良い鶏が育った時の感動、達成感はとても大きいです。

就職活動をされている方へのメッセージ

仕事にはやりがいを感じられる事が大事だと思います。例えば鶏の肥育管理には正解というものがないので常に悩み、試行錯誤しながら仕事をしています。そんな中で自分の思った通りになった時は多くの達成感を得る事が出来ます。
やりがいがある事で楽しく仕事が出来る様になり、新しいことに挑戦する気力も湧いてきます。そのことが自身の人としての成長にも繋がると私は思っています。
私達はまだまだ成長の途中です。これからも成長を続ける為には人の力が必要になってきます。私達と共にやりがいを感じる職場で成長していけたらと思います。

ページの先頭へ