採用情報 | インターファーム

ニッポンハムグループ採用情報はこちらへ

募集要項

募集職種 ■獣医師・生産飼育職・浄化槽管理者
採用人数 獣医師2名、生産飼育・浄化槽管理者15名
選考方法 筆記試験(基礎能力)、面接(個別)
初任給 【生産飼育・浄化槽管理】(平成27年度実績)
大卒:18万3,120円(職務手当含)
【獣医師】
28万1,300円(獣医師手当含)
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)
勤務時間 8:00~17:00(休憩90分)
休日・休暇 シフト制、年間休日93日、夏季・年末休暇、年次有給休暇、特別休暇 等
勤務地 北海道、青森、宮崎 他
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、従業員持株、借上社宅、独身寮、社員旅行 他
教育研修 階層別研修、能力開発、通信教育
採用学部・学科 生産飼育:全学部全学科
浄化槽管理:全学部全学科
獣医師:獣医学科
採用実績校 北海道大学、帯広畜産大学、酪農学園大学、青森大学、弘前大学、八戸工業大学、北里大学
岩手大学、秋田県立大学、東京農工大学、日本大学、東京農業大学、玉川大学、明治大学、
麻布大学、日本獣医生命科学大学、岡山学院大学、東海大学、山口大学、宮崎大学、
琉球大学 他
提出書類 履歴書(写真貼付)、成績証明書、卒業見込証明書、健康診断書
応募方法 リクナビ「ニッポンハムグループ」または日本ハム㈱HP採用情報より
「ニッポンハムグループマイページ」へエントリーしてください。
お問い合わせ先 〒039-2206 青森県上北郡おいらせ町松原1-73-1020
インターファーム株式会社 人事部 採用担当:前川浩司
TEL:0178-52-4182
E-mail:ko.maekawa@nipponham.co.jp

ページの先頭へ

スタッフの声

東北事業所横浜F農場

これが私の仕事です

養豚場で母豚を飼育、管理しています。
入社して研修後に交配舎という部署に配属になりました。交配舎とは、母豚の種付けから分娩前の妊娠期間を管理している部署で、入社1年目では主に種付けを行う人工授精を担当しました。2年目からは、その他にも、種付け可能な時期である発情の有無をチェックしたり、妊娠母豚の豚舎の環境管理や治療、給餌量などの作業に携わっています。

だからこの仕事が好き!

自分で種付けした母豚の分娩後の様子を初めて見た時、元気な子豚をたくさん産んで、お乳を飲ませている姿を見て嬉しくなったことを覚えています。
仕事の相手が生き物なので、必ずしもマニュアル通りに対応できるとは限らない難しい仕事ですが、日々、母豚たちの状態や環境を観察し、先輩社員の方々を見習いながら、自分の仕事の質や能力を向上させていける、やりがいのある仕事だと思います。

就職活動をされている方へのメッセージ

入社したばかりの頃は、仕事内容がどれも今まで経験したことのない作業ばかりで、時には力仕事もあり、本当にこれからやっていけるのだろうかと不安でした。しかし、先輩や上司の方々が優しく教えてくれたり、フォローしてくれたので、少しずつ作業をこなしていけるようになりました。
今もまだまだ未熟なところが多く、覚えていかなければならないこともたくさんありますが、大好きな豚と関わっていける仕事なのでがんばって生きたいと思います。
生き物が好き!豚が好き!!という気持ちと向上心があれば、男の人も女の人も関係なく活躍できるやりがいのある仕事だと思うので、是非、養豚業も視野に入れてみませんか?

東北事業所環境部

これが私の仕事です

農場から出された排水の浄化処理施設の管理担当です。
入社後、すぐに環境部に配属となりました。初めは誰もが同じであるように、仕事の内容などがわからず右往左往していました。失敗は何度もしましたが、上司や先輩に何度も質問し、また、仕事をよく見て吸収し、自身でも上手く仕事が進むよう工夫しながら仕事を覚えていきました。
環境部は、農場から出された排水(豚の排泄物である糞,尿や豚舎洗浄水など)の処理を行なっている部署ですが、流出などの「環境事故」は許されません。責任やプレッシャーが大きい仕事を担っていますが、その分、やりがいが非常に大きく個人的にも様々な面で成長できます。まだまだ未熟ながら、日常の点検や調整、先々を見据えた計画など、日々考察を繰り返しながら奮闘しています。
これからも、創意工夫、広い視野を持って学ぶ、様々な情報を積極的に得る、といったことを念頭において環境部の事業に貢献していきたいです。

だからこの仕事が好き!

排水処理において、微生物の役割が大きく関わってきます。糞処理では発酵、水(尿)処理では汚れの分解・浄化を担っており、それら微生物が活発的,効率的に反応してくれるよう、温度やpHなどといった環境条件を整える必要があります。
処理状況が下降気味の時に、自分が行った微生物への環境調整が、状況改善につながった時には、非常に大きな達成感,やりがいを得られ、また、良い勉強になったと感じています。 状況変化に対して、様々な測定データなどを元に対応していくこの仕事は、プレッシャーも付いてきますが、大きなやりがいを得られます。

就職活動をされている方へのメッセージ

就職活動の中で様々な情報を得て、自分がやりたいことは何なのか迷ってしまうことがあると思います。私も入社前は、色々な職種と迷いました。入社を決めるきっかけも、ただ何となく興味が沸いたからといった曖昧な理由でした。しかし、そういった曖昧な志望理由でも、実際に働いてみると仕事の中身にどんどん夢中になり、奥深さを日々実感しています。
自分に合った,やりたい仕事を見つけることは大事ですが、まずは興味を持つことも大事だと思います。ほんの少しの興味があるだけでも、夢中になれる仕事が必ずあります。
インターファーム環境部の仕事に少しでも興味をもってもらえれば、ぜひ会社説明会などに来ていただいて、いずれは一緒に働きましょう。

養牛生産部九州生産課

これが私の仕事です

2002年入社。当時は九州北部(熊本以北)の肥育契約農場の担当者として配属。各地の契約農場へ足を運び、牛の発育状況や農家さんの飼育方法の確認、家畜市場セリ・庭先等での子牛(素畜)の仕入・出荷された肉牛の枝肉の検品や相対値決め等を主な仕事としてやってきました。
その後和牛生産事業が始まり繁殖部門担当を1年間ほど担当。現在では九州地区和牛肥育農場の定期巡回や生産性・品質向上・コスト低減の為に管理部データ・現場データの数値分析等を行っています。

だからこの仕事が好き!

牛1頭が生産・肥育し出荷されるまでには、1年以上(和牛一貫生産では3年以上)の長い月日と数十万円の多大な費用がかかり緻密なコスト計算も必要とされます。
契約農家さんと共に努力し、1頭1頭を大事に育てて頂いた牛が晴れて無事出荷を迎え、その牛が素晴らしい成績が出た時に農家さんと共に喜びを分かちあえた時がやはり一番この仕事をしていて良かったなと思います。

就職活動をされている方へのメッセージ

当社の事業は食肉事業部門の一番川上の部門であり、食に関わる根本事業の大事なスタート部門です。
生き物を扱う仕事は大変ですし、牛を育てるには長い月日もかかりますが、手をかけただけ分だけ牛はそれを返してくれ、とてもやりがいのある仕事です。牛が好きで契約農家さんと共に我々が目指す高付加価値な牛の生産を一緒に考え取り組んでいきたい!我こそは!と思われるそこの貴方!是非一緒に我々と共に仕事してみませんか?

養豚生産部九州生産課

これが私の仕事です

九州エリアの養豚預託農場さんへの巡回・生産管理。
私の仕事は九州各県の契約養豚農場を巡回し、農家さんと共に成績向上に向けて疾病や飼育環境等の生産性を阻害する問題を改善していくというものです。
私は養豚部門に所属していますが、養豚部門は生産~肥育までの一貫体制であるため、交配や分娩、肉豚出荷まで様々な部門での現場状況・数値を管理しています。そして、疾病や管理など現状のどこに問題があるかを分析し、それを農家さんと共に協力し解決することにより、健康で安心・安全な豚肉を食卓へ送り届けるように日々取り組んでいます。

だからこの仕事が好き!

この仕事は農家さんと共に協力して健康でおいしい豚を育てていくというものですので、農家さんとのコミュニケーションがとても大事です。
相手にこちらの考えを理解してもらうことは時に難しいこともあります。しかし、一緒に問題を乗り超えたときに得られる喜びや達成感を農家さんと分かち合うことが出来、大変やり甲斐を感じることのできる仕事だと思っています。

就職活動をされている方へのメッセージ

生き物相手の仕事ということもあり、毎日が同じことの繰り返しということは全くありません。日々いろいろな事が学べ、とても刺激的な職場だと思います。また、若い年代からどんどん責任ある仕事を任されていくので大変やり甲斐がある職場だと思います。
不安に感じることもあると思いますが、先輩社員がしっかりフォローしていきますので是非一緒に働きましょう。

ページの先頭へ