• ホーム >
  • 豚の事業について >
  • 豚の生産農場

豚の生産農場 | インターファーム

豚の生産農場 | インターファーム

安全、安心を食卓へ

私たちはニッポンハムグループの一員として、年間60万頭の豚を出荷しています。
毎日、豚が生まれる瞬間から立会い、彼らが健やかに成長できる環境を整えて薬の使用を控えることにより、安全、安心、健康、美味の4つにこだわった管理をしています。そうすることがお肉が食卓に並んだときの幸せにつながると信じているからです。
これからも、生命(いのち)を育むことを通じて、「食の喜び」に貢献していきます。

生産農場について

交配舎(種付け)

交配舎では人工授精により母豚への種付けを行います。豚の妊娠期間は約114日で、母豚は予定日の約5日前まで滞在します。その間、元気な子豚を産んでもらえるようにエサの量を調整しながら母豚の体型を管理します。

分娩舎(誕生~生後約21日)

子豚は一度に10頭以上生まれます。母乳には子豚を病気から守ってくれる免疫成分が含まれているため、子豚が母乳を均等に飲めるように管理します。それと同時に、母乳がたくさん出るように母豚のエサの量を徐々に増やします。約21日間の授乳期間を経て元気に育った子豚は育成舎へと移動します。

育成舎(前期:約21日~約45日、後期:約45日~90日)

母豚から離れた子豚を飼育する場所です。この時期は、骨格や筋肉などが発達し体重が急激に増えます。そのため、エサは良質なタンパク質を含み、消化・吸収しやすいものを与えます。また、きれい好きで繊細な豚はわずかな環境の変化でも敏感に反応するため、温度、湿度の管理には細心の注意を払います。

肥育舎(生後約90日~出荷)

出荷までの約3ヶ月を過ごす場所です。お肉の味や風味に影響を与える時期でおいしいお肉になるように植物主体のエサを与えます。約180日で体重が約110kgになったところで大きさを選抜して出荷します。

豚のブランド

麦小町

麦小町

麦類をはじめとする植物主体の原料に、ハーブ抽出物やビタミンEをプラス。そんな飼料を食べて健康に育った「麦小町」。その肉質は、あっさりとした脂身と臭みの無さが特徴です。

知床ポークG1

大自然豊かな北海道知床で植物主体の飼料を与えて育てた豚です。ビタミンB1を強化したガーリク粉末を添加しているため、肉中のビタミンB1が通常の豚に比べて多く含まれています。

知床ポークG1

高城の里

高城の里

"しょうちゅうかす"や"麹菌発酵飼料"を加えたこだわりの独自飼料で育てています。植物性飼料で仕上げているため、あっさりとしたおいしいお肉です。

生産工程

豚は言葉を話せないけれど、いろいろなサインを出しています。
豚の顔色、表情、呼吸、毛づや、寝方がいつもと違うということは、何か嫌なことがあったか、何かを欲しがっている証拠です。豚が出すサインに気付いてあげられるのは、日々成長を見守っている私たちだけです。

豚の生産工程を紹介します!農場見学スタート!
妊娠舎(発情チェック):母豚は妊娠する準備が整うと、エサを食べなくなる、落ちつきがなくなるなど、さまざまな発情兆候が現れ、人が乗っても動かなくなります。1頭1頭注意深く観察し、そのチャンスを逃しません。
妊娠舎(母豚のエサ調整):元気な子豚を産んでもらうためには母豚の太りすぎや痩せすぎは禁物です。難産や母乳の出が悪くなる原因となります。母豚の体型を維持しながら、お腹の子豚が大きく育つようにエサの量を調整しています。

分娩舎(誕生):出産から数時間だけ分泌される母乳には子豚を病気から守ってくれる免疫成分がいっぱい含まれています。1度に10頭以上生まれる兄弟たちが母乳を均等に飲めるように、生まれた直後からお手伝いをしています。

分娩舎(餌付け):母乳を飲んでいた赤ちゃんも生まれて約7日でエサを食べ始めます。エサは成長に合わせ食べやすく消化吸収しやすいもの、栄養バランスが優れているものを選んでいます。
分娩舎~肥育舎:かわいい寝顔を見ること。この仕事をしてて良かったと思える瞬間であり、大切な仕事の一部です。ちょっとした環境の変化にも敏感な豚が見せるかわいい寝顔は安心して一日を暮らせた証拠。私たちの農場では、自動空調設備により、温度や湿度など快適な環境が保たれています。

育成舎:母豚と離れた子豚は、育成舎という新しい部屋へと引越して、新しい仲間と共同生活を始めます。慣れないことに不安を感じ体調を崩しやすい時期です。のびのびできる広い部屋を準備して、ストレスを感じないように気温や温度に注意しながら快適な環境で迎えます。

育成舎~肥育舎:みんな仲良くエサをお腹いっぱいに食べること。当たり前のことですが、毎日の管理が徹底されていることが大切です。新鮮な水とエサがきちんとでているか。体調を崩し食欲がない豚はいないか。豚が新鮮なエサと水を口にしているかを確認することも私たちの仕事です。

肥育舎:生まれて約4ヶ月経ったあたりから、美味しいお肉になるように特別に配合した植物主体のエサを与えます。

選別:誕生から半年で約110kgまで成長して出荷となります。豚によって成長速度や脂肪の乗り具合が異なるため、体重を測定し、体の大きさや体型を考慮して出荷する豚を選別します。選別した後は豚を1箇所に集めてお肉の状態を良くするためにシャワーを浴びせリラックスさせます。
出荷:処理工場への輸送中に豚がケガをした場合、ケガをした部分はお肉としての価値がなくなります。そのため、定期的に輸送トラックの荷台の床を張替える、積み込む頭数に注意するなど、輸送中における豚のケガの防止に取り組んでいます。

豚生産工程図

衛生管理について

防疫体制

防疫体制

安全なお肉を皆様にお届けするためには、豚が病気にかからず健康でなければなりません。農場内に病気を持ち込まないように従業員、関係車両はシャワーを浴びた上で入場します。

オールイン・オールアウト

オールイン・オールアウト

豚は成長段階によって快適な環境が異なるため、成長に合わせて引越しをしなければなりません。引越した後の部屋を水洗、消毒することによって、清潔にしてから次の豚を迎えます。

家畜診療所

家畜診療所

豚の健康レベルを調べるために家畜診療所を設置しています。管理獣医師の定期的な往診、細菌やウィルス検査を通して、衛生管理方法の改善に努めています。

  • 処理工場
  • レンダリング事業

ページの先頭へ